>

幼児期の学習が重要

基本的な学習を済ませておこう

文字の読み書きや計算は、小学校に入学してから習うことです。
幼児のうちは、まだ勉強しなくて良いと思っている人が多いでしょう。
ですが最近は、幼児のうちから理解していた方が良いです。
幼児のころが、最も脳の吸収性が良いと言われます。
ですから学習したことを、すぐ自分の力に変えることができるでしょう。
それは、脳が柔らかいからです。

成長するにつれて、どんどん脳が固くなっていきます。
小学校から勉強を開始すると、脳が固い状態なのでうまく授業内容を覚えることができません。
子供の勉強がスムーズに進むため、文字の読み書きや簡単な計算は、できるように学習させてください。
幼児でも、そのぐらいのことは理解できるので大丈夫です。

勉強を好きになることが目的

小学校からいきなり学習を始めると、内容を理解できない子供が多いです。
すると勉強が楽しくないので、嫌いになってしまいます。
幼児のうちに勉強することで、すぐ理解できるようになりますし、楽しくなります。
また、子供が自信を持てるメリットがあります。
学習すれば、テストで良い結果を出せます。
そしてすかさず親が褒めてあげると、子供はもっと勉強するようになるでしょう。

そのようなメリットがあるので、幼児期から学習させることを意識してください。
ですが強制的に勉強させることは、絶対にしないでください。
親が強制的に勉強させても、子供は興味を持ってくれません。
むしろ、勉強を嫌いになる可能性が高いので効果になってしまいます。


この記事をシェアする